指導者

個別指導のサービスを提供している学習塾は、大学生のアルバイトを指導者として採用していることが一般的です。売上を伸ばすためには、できるだけ多くの生徒に通塾をしてもらう必要があります。個別指導では必然的に生徒数が増えると指導者の数も確保する必要があるので、優秀な学生を獲得するために必死です。教育サービスを提供する事になるので、学力が高ければ採用されると言うわけではありません。子供たちのお手本となる存在にならなければならないので、基本的なマナーと応対を身に付けていなければ採用されません。生徒や保護者から見ると学生でも社会人でも変わらず、勉強を教えてくれる先生となるので、大人の応対ができる相手だと信じているのです。

学習塾では指導者を採用する際に筆記試験で学力を判定することがあります。全ての塾で行っているわけではありませんが、勉強を教えることで報酬を得ることになるので、報酬を支払うに値する基礎的な学力を身に付けているかどうかを判断しなければならないからです。答えあわせだけであれば誰でも行うことができますが、解説を見ながらでも子供たちに分かりやすいように伝えてあげることができなければ指導者として働くことはできません。基本的には解説を参考にしますが、生徒の前では極力見ない方が無難です。授業前にその日行う予定の内容を事前に学習し、どのように説明をすれば子供たちが興味を持ちわかりやすいのかを考えてから授業に臨むことが重要です。