費用について

子供の時ほど、その学習効果は際立って高いことが知られています。大人になってから覚えようとしても、なかなかできないことであっても、子供のころの、各年代にあった学習をすることで、飛躍的な効果を生み出すことができます。そのこともあり、親の立場からは、この年代のときに、できる限り学習の場を与えることに力を注ぐ傾向にあります。そういった事情から、それらの要望を受け入れる場として、塾があります。塾では学校の補足的な内容から、進学校への受験を前提とした、かなり高度な内容まで、さまざまな内容を取り扱っています。前者であれば、一教科数千円、5教科1万円代から2万円代、後者であれば1教科1万円程度を目安にするとよいでしょう。

子供により勉強をする機会を与えようとした場合、以前は公立の学校を中心に考える場合が多くありましたが、最近の傾向としては、レベルの高い私立の学校に行くことと、学習塾に通うことを天秤にかけるような考え方も出てきています。進学を前提に、3年生になるまでには、規定のカリキュラムをこなすような学校もあり、高いレベルの学習が可能になっているところが多くなっているのです。費用的にも、月々の金額で3万円程度から通うこともでき、学習塾と同レベルの金額に設定されております。もちろん、個別指導などの塾であれば、それ以上の金額に設定されている場合もあり、学習したいと思えば、それに見合った塾を探すことが可能になっています。